• <optgroup id="m2eim"></optgroup>
    <blockquote id="m2eim"></blockquote>
  • <dd id="m2eim"></dd>
  • <tbody id="m2eim"></tbody>
  • <bdo id="m2eim"><source id="m2eim"></source></bdo>
  • 日本酒廠-靜岡Shizuoka
    2021年06月25日

    蒸溜所

    The Distillery

    オクシズで育ったヒノキをふんだんに用い、自然と一體になった蒸溜所。靜岡の風土に根ざした、自然と調和するウイスキー造りを目指しています。靜岡市産の杉材の発酵槽や、地元の薪の火で蒸溜するポットスチルなど、靜岡蒸溜所ならではのウイスキー造りを體感できる見學ツアーを隨時開催しています。

    建築

    Architecture

    靜岡蒸溜所の建物は、日本の美と西洋文化の融合をテーマにデザインされています。
    靜岡在住のアメリカ人建築家デレック?バストン氏とのコラボレーションにより、內外裝に靜岡の木材を多用した唯一無二のウイスキー蒸溜所が建設されました。

    立地

    Area

    靜岡蒸溜所は、靜岡県靜岡市のオクシズ(奧靜岡エリア)の、玉川と呼ばれる地區にあります。靜岡市を流れる一級河川 安倍川の支流である、安倍中河內川のほとりに建っています。標高は200m前後で、周囲は400m級の山に囲まれ、市街地より気溫は常に2?3度は低く、天候も異なることが多いです。

    試飲室

    Tasting Room

    蒸溜所內に設けられた試飲室からは、蒸留機がご覧いただけます。ヒノキの一枚板のカウンター、日本の伝統美を昇華させたバックバーなど、靜岡蒸溜所ならではの空間があります。ポットスチルで蒸留されたウイスキーの原酒が流れ出る光景を眺めながら、どうぞグラスを傾けてください。
    こちらでは有料で、靜岡蒸溜所の原酒や、ガイアフローが輸入する世界のウイスキーがお飲みいただけます。また、輸入ウイスキーがボトルで購入いただけます。試飲室への入場は、見學ツアーにご參加の方だけに限らせていただきます。

    製造工程

    Our Production

    麥芽の粉砕

    原料のモルト(大麥麥芽)の産地はさまざま。本場スコットランドをはじめ、ドイツ、カナダ、そしてもちろん日本國內で栽培されたモルトも。それぞれの特性?特徴を生かして、使い分けをしています。これらのモルトは、蒸溜所內のサイロに貯蔵されています。
    ガイアフロー靜岡蒸溜所の1仕込みは、1トン。サイロから取り出されたモルトは、異物を取り除かれた後、モルトミル(麥芽粉砕機)で粉砕されます。この英國製モルトミルは、軽井沢ウイスキー蒸留所から移設された、歴史あるモルトミルです。

    糖化

    粉砕された麥芽は、高溫のお湯と混ぜ合わされてマッシュタン(糖化槽)に投入されます。お湯が麥芽の持つ糖化酵素を活性化させ、麥芽のデンプンを糖分に変えます。糖分が溶け出したお湯のことをウォート(麥汁)と言い、糖度は12度前後になります。

    発酵

    ウォートを、ウォッシュバック(発酵槽)に移します。ここで、酵母を添加し、アルコール発酵を促します。およそ48時間で7%以上のアルコールが生成され、その後は乳酸菌による発酵が24時間以上続きます。発酵した液體を、ウォッシュ(もろみ)といいます。
    ガイアフロー靜岡蒸溜所では、地元産の杉で造られたウォッシュバックを使用しています。この土地ならではの味わいを醸し出すために、欠かせないものです。

    蒸留

    ウイスキー造りの中でも、ひときわ目を引くのが蒸留の工程。
    ポットスチル(蒸留機)を使い、ウォッシュを2回蒸留します。蒸留することで、ウォッシュに含まれるアルコール分を抽出し、凝縮するのです。1回目の蒸留を初留、2回目の蒸留を再留といい、蒸留されたばかりの液體をニューポット(ウイスキーの原酒)と呼びます。この段階では、まだ無色透明で荒々しい味わいです。
    靜岡蒸溜所では、珍しい3基の蒸留機があります。軽井沢ウイスキー蒸留所から移設した初留釜と、スコットランド製の薪の直火による初留釜、そして同じくスコットランド製の再留釜。これらを駆使して、數種類の違ったタイプのニューポットを造っています。

    熟成

    蒸留によって産み出されたニューポットを、木製の樽に入れて何年間も熟成させます。ウイスキー造りで、もっとも時間がかかる工程です。
    無色透明で荒々しい味わいだったニューポットは、樽に入れて寢かせることで、琥珀色でまろやか、かつ複雑な味わいを持つウイスキーに生まれ変わるのです。

    見學ツアー

    Tours